憂国のモリアーティ

【憂国のモリアーティ68話考察】ウィリアム&シャーロックが悪党退治?ビリーに強敵出現?

憂国のモリアーティ ネタバレ 68話 最新話 確定 考察
Pocket

憂国のモリアーティ68話最新考察!ウィリアム&シャーロックが悪党退治?ビリーに強敵出現?

憂国のモリアーティはジャンプSQ掲載中で、イケメンが多発するダークヒーロー物語です!

前回の憂国のモリアーティでは、ウィリアムとシャーロックの絆の強さが改めて浮き彫りになりました。

あの最後の事件でウィリアムが死んでしまったら、なんと悲しい事でしょう。

しかし運良く生還し、シャーロックとの友情も更に強くなりましたよね。

ニューヨークの病院でシャーロックが言った言葉からは、ウィリアムへの気持ちがとても伝わりました。

ともあれウィリアムも無事に目を覚ましたので、今度はニューヨークの街で、シャーロックと協力して悪党退治という展開になるのではないかと勝手に予想。

悪党退治といえば弱き者を助けるビリー·ザ·キッドも、忘れてはなりません。

凄腕ガンマンと言われるビリーが、強敵と対峙するような話があれば尚面白くなるでしょう。

それでは『憂国のモリアーティ68話最新考察!ウィリアム&シャーロックが悪党退治?ビリーに強敵出現?』と題しまして憂国のモリアーティ前話を踏まえて最新68話ネタバレ考察・感想を進めていきたいと思います!

https://twitter.com/moriarty_anime/status/1494839155154567171

 

憂国のモリアーティ68話ネタバレ最新考察!

ニューヨークの病院で目を覚ましたウィリアムに、話しかけたシャーロック。

犯罪卿として活動していた頃は、ただガムシャラに突き進んできましたが···。

いざ自分のことになると何を成すべきか分からない。

ウィリアムの話をじっと聞いていたシャーロックは、”お前が悩んだ末に出した答えならそれは正解だ”と断言。

生きる為に悩めば自分の思い描く未来が見えてくる。

このようにシャーロックに励まされたウィリアムは、暖かい笑顔を見せました。

ここで場面はウィリアムが部屋に戻った後、屋上で寛ぐシャーロックにビリーが声をかけてきたところに切り替わります。

ウィリアムが生きる勇気を得た事を喜んでくれたビリーに、自らの過去を告白。

兄が直した訛りを直さなかったのは、自分だけのオンリーワンの個性を追い求めてきた結果。

シャーロックはオックスブリッジ出身者ですが、労働階級の訛りが定着していました。

それを見抜いた人物が出会った頃のウィリアムで、シャーロックは自らの人生を肯定してくれたように感じた様子。

こいつの人生に俺は光を照らしてみせる!

その瞬間シャーロックは強い決意を胸に秘めます。

過去を明かしたシャーロックに、ビリーは、どんな未来でも君達なら変えていけるとエールを送ってくれました。

それでは憂国のモリアーティ68話ネタバレ最新考察をしていきましょう。

※憂国のモリアーティ【最新68話】発売日の最新情報は週刊少年ジャンプSQ.公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。

 

【第68話】憂国のモリアーティ最新話考察!ウィリアム&シャーロックが悪党退治?

ひょんなことからニューヨークの地に、降り立つことになったシャーロックとウィリアム。

ニューヨークに来てからずっと意識を失っていたウィリアムは、病院で無事に目を覚ましました。

今のところウィリアムに目立った動きはないものの、既にシャーロックは探偵社を隠れ蓑に合衆国からの依頼をこなしています。

合衆国からの依頼の中には、ニューヨークに蔓延る悪党を退治するような、リスクのあるものがあっても不思議ではありません。

となると弱き者を守る正義漢 ウィリアムが黙っていられず、シャーロックに協力するのではないでしょうか?

つまりは名探偵シャーロックと、イギリスが改革されるきっかけを作った元犯罪卿ウィリアムのタッグ!

悪党達にとって二人は手強い相手となるでしょう。

ニューヨークでも蔓延る悪党を退治する大活躍を見せてくれる!

だろうと勝手に予想しました。

 

【第68話】憂国のモリアーティ最新話考察!ビリー·ザ·キッドに強敵出現?

実在したビリー·ザ·キッドは、生前21人もの人間を撃って排除したとも伝わる西部劇の英雄。

弱き者を助け強きをくじく義賊として、現在まで伝説的な扱いで語り継がれてきました。

本作でもビリーは伝説の凄腕ガンマンとして描かれていますよね。

ビリーは司法省の人間ということなので、ニューヨークでも数々の極秘任務をこなしていることでしょう。

となれば状況よっては敵と対峙しなければならないわけで、後々ビリー·ザ·キッドには強敵が出現すると予想。

ウィリアムとシャーロックが最後の事件で対峙したように、ビリーも事件解決の為に一筋縄ではいかない相手と、ガンバトルしても不思議ではありません。

ビリーがどの程度強いかだけでなく、追い詰められたところを大逆転する場面もあったらGood!

困難を乗り越えてこそ、伝説の名を欲しいままにするとも言いますからね。

 

【第68話】憂国のモリアーティ最新話考察!ウィリアムが数学教授に復帰!

イギリスにいた頃のウィリアムは、彼に対する悪い噂が流れるまで数学教授でした。

シャーロックに劣らない高い知能を誇るだけあり、数学教授としての仕事ぶりも超一流。

結果的には数学教授を辞めざるを得なくなったわけですが、ニューヨーク編では再び教授の職に復帰するのではないでしょうか?

以前はあくまでも片手間の副業でしたが、本人も生徒達からの信頼がある程度あった様子。

ニューヨークで一定期間過ごすなら、収入を稼ぐ手段としては以前勤めていた仕事がもってこい。

それにシャーロックから”お前の未来はお前自身が自由に描け”と言われているので、自分に合った仕事に就職するのは不思議ではありません。

再び教鞭を取るウィリアムの姿も見てみたいですね。

 

憂国のモリアーティ68話ネタバレ考察まとめ

『憂国のモリアーティ68話最新考察!ウィリアム&シャーロックが悪党退治?ビリーに強敵出現?』と題してお届けしてきました。

シャーロックのお陰で、生きる喜びと未来への希望を抱き始めたウィリアム。

実際にこれから何をしたいかについては触れられていませんが、イギリスにいた頃のように、ニューヨークで数学教授になっていても不思議ではありません。

数学教授に復帰し、しばらくはニューヨークで平穏な日々を送る。

こうした平和な生き方もウィリアムに合っていますが、ニューヨークにもイギリス同様悪党がいたら、彼は放置していられないでしょう。

シャーロックと協力して悪党退治に乗り出す展開も、あり得るのではないでしょうか?

また名探偵と元犯罪卿の手腕が発揮される場面があればなと、勝手に期待してしまいました。

それでは『憂国のモリアーティ67話最新考察!ウィリアム&シャーロックが悪党退治?ビリーに強敵出現?』はここまで!

考察や感想記事は日々更新しますので、こちらのサイトでチェックをお願いします!