僕のヒーローアカデミア

ヒロアカ369話ネタバレ!ワンフォーオールの底力!オールフォーワン敗北間近!

ヒロアカ ネタバレ 369話 最新 考察 確定 感想
Pocket

『ヒロアカ369話ネタバレ!ワンフォーオールの底力!オールフォーワン敗北間近!』

こちらの記事では、ヒロアカ369話の感想と考察をお届けいたします。

今回はデクがワンフォーオールの全てを駆使して、あのオールフォーワンを追い詰めていました。

オールフォーワン曰くここまで強化されたのは予想外。

細胞一つ一つにまで作用するまでになったということは、紛れもなくワンフォーオールの底力が発揮されたと言っていいでしょう。

この戦いはほぼデクの勝利といった雰囲気が漂っていました。

ということは遂にオールフォーワンが敗北間近な瞬間がやって来たわけですね!

しかし物語後半に突如として映し出されたのはスピナー。

オールフォーワン自体が倒れても、彼の意志を継ぐ者がいる限りこの戦いは終わりません。

ますます熱くなってきましたね!

この記事は、2022年10月11日(火)発売の週刊少年ジャンプ掲載のヒロアカ369話のネタバレ感想と考察をお届けしていきたいと思います!

ヒロアカ369話のネタバレについても、順次更新していきますのでお見逃しなく!

 

ヒロアカ369話ネタバレ最新話の考察!

死柄木の存在を確認するデクに、オールフォーワンは「そんなものは存在しない」と返答。

オールフォーワン曰く、死柄木とは完全に一つの存在になったそうです。

納得出来ないと感じるデク。

ここでミリオが口を挟み「そうは思えない」と指摘。

以前、ミリオが「友達がいないの?」的な質問をした時に、子供のようにむくれて怒っていたからです。

ミリオが指摘した後に、今度はデクの精神世界にいる死柄木弔の祖母·志村菜奈も、死柄木の中に別のものが存在していると言いました。

みんなデクと同じ考えのようですね!

そんなことはどうでもいいと攻撃してくる死柄木に対して、デクは『黒鎖(こくさ)』を発動。

黒鞭に発勁を貯めて強化した能力のようです。

前と同じ手は通用しないぞと死柄木。

しかしデクは5分の制限時間付きの2代目の個性”変速”を発動しました!

『2ND トランスミッション』と言ったと思えば、『2速(セカンド)』『3速(サード)』と音を鳴らしていきます。

どうやら”触れたものの速度を変える能力”で、『5速(オーバーロード)』までアップ可能な様子。

オールフォーワンの弟は、今のデクは100%中の120% の力を出していると自信を持って言いました。

既に死柄木はデクに全く抵抗出来ていません。

ここで音速突破5速目のデトロイトスマッシュが炸裂!

という感じでヒロアカ369話では死柄木がかなり追い詰められていました。

 

ヒロアカ369話ネタバレ|個性”変速”でオールフォーワンが弱体化?

前回のヒロアカでは、2代目の個性が音速をも凌駕する”変速”だと判明しました。

たった5分間限定の超必殺技とはいえ、死柄木の体を支配するオールフォーワンは抵抗も出来ずにデクに攻撃されていきます。

もう速すぎて何がなんだか分からない様子。

5速まであってのデストロイスマッシュ!

まだ致命傷は与えられていませんが、この調子なら個性”変速”でオールフォーワンが弱体化する可能性もあると予想。

かなり敵は押されているように見えるので、このまま押しきってほしいですよね。

 

ヒロアカ369話ネタバレ|窮地に陥ったデクを爆豪が救う?

オールフォーワンはデクの攻撃に押されてきていますが、尚も予断を許さない状況です。

今後の展開によっては、デクが窮地に陥ることもあるでしょう。

ですがそうなった場合でも、必ず誰かが救いの手を差し伸べるはず。

そこで考えてみた結果、窮地に陥ったデクを救うのは復活した爆豪になると予想!

第二の主人公と言ってもいい立ち位置なので、爆豪の復活はほぼ確定だと思っています。

そのタイミングでデクがピンチ状態になったならば、爆豪のリベンジに相応しい舞台が用意されたと言っても過言ではありません。

ダブル主人公のタッグが実現したら、物語的にも激熱ですよね。

 

ヒロアカ369話ネタバレ|オールフォーワンの個性達がデクの味方に?

オールフォーワンは多くの強力な個性をその身に宿しています。

それに恐らく全ての個性が明らかになったわけではないでしょう。

しかしオールフォーワンが奪ってきた個性の元の持ち主達は、一度激しく抗いましたね。

オールフォーワンが無理やり喰らったとはいえ、再び抵抗を始めても不思議ではないわけです。

今後の展開によっては、オールフォーワンの個性達がデクの味方になってくれることもあるのではないでしょうか?

例えばデクの攻撃により相手が弱体化。

支配力が弱まり個性達に再び意思が宿り、今の持ち主を内側から一時的にでも無個性状態にしてしまう。

その一瞬の隙を突いてデクが攻撃し、オールフォーワンは完全に倒される。

このような衝撃的な展開になることもあるんじゃないかと予想しました。

 

ヒロアカ369話ネタバレ|死柄木はまだ最終形態になっていない?

再びその場の環境に適した形態に変化した死柄木。

前回の考察では今の状態が最終形態だと予想しましたが、まだまだ形態変化が続く可能性もあるでしょう。

つまり死柄木はまだ最終形態になっていないと予想。

何故なら死柄木はまだ本当の意味で追い詰められていません。

幼少期の志村転弧がもっと表に出てきて、本格的にオールフォーワンに抵抗しているわけでもないですよね。

そう考えると最終的にはオールフォーワンでも死柄木でもない、何か別の存在になる可能性だってあるわけです。

以前死柄木が怪物になったことがありますが、それこそ最終形態が怪物だとしても不思議ではないでしょう。

 

ヒロアカ369話ネタバレ確定の見どころ

いよいよデク対死柄木(オールフォーワン)のバトルに突入し、2代目の個性まで明らかになりました。

“変速”という能力はとてつもなく強力でしたね。

しかし変速の使用は制限時間5分ということですが、1回だけで消滅するのかしばらく経てば使用可能なのかが気になります。

また別の戦場にいるオールフォーワンの本体は死柄木と合流するのでしょうか?

気になる見どころ盛り沢山ですが、今回も2つに絞って今後の見どころを見ていきましょう。

 

ヒロアカ369話ネタバレ|見どころは今後の荼毘の行動!

荼毘と轟焦凍の兄弟対決は轟焦凍の勝利となりました。

しかし荼毘はゾンビの如く復活し、エンデヴァーのいる戦場に向かっています。

焦凍の説得により良心の欠片が残っていることが判明しましたが、やはり一度ヴィランに属した以上裏切れないのか?

はたまたエンデヴァーの回答次第では、ヒーロー側に味方してくれることが絶対ないとは言えません。

このような不確定要素もあるので、今後の荼毘の行動は見どころの一つと言えるでしょう。

要は荼毘が今後どう行動しどんな結末を迎えるかです。

出来ることなら親子·兄弟元通りとはいかないまでも、少しずつ信頼関係を取り戻していければいいですよね。

 

ヒロアカ369話ネタバレ|見どころはデクVS死柄木の勝負の行方!

“変速”という超チート級の技を披露したデクは、オールフォーワンが操る死柄木を圧倒していました。

5分の時間制限付きとはいえ、変速は触れたものの速度を変えることが出来ます。

そして5段階の速さがあるようで、死柄木に使用したのは5速目。

流石の死柄木も手も足も出ない様子ですが、敵の内部では変化が起きている様子。

5分経過した時にこのままデク優勢か勝利に終わるのか、若しくは死柄木が逆転するのか?

今後の見どころの一つは、デクVS死柄木の勝負の行方になるのではないかと!

ストーリー的には最終的にデク勝利になるにしても、かなり苦戦することも予想されます。

どうなるかハラハラさせるのも、ヒロアカの醍醐味だと言えるでしょう。

 

ヒロアカ369話ネタバレ感想

オールフォーワンの過去の回想によると、彼は2代目に泣きながら止めを刺していました。

あの冷酷卑劣な悪の塊であるオールフォーワンがです。

ただその涙からは相手の死を思いやるというより、「思ったより強くない…何故私を満足させられない!」などの絶望感にも思いましたよ。

過去を振り返ったオールフォーワンですが、目の前にいるデクはどうでしょう?

細胞一つ一つにまで作用出来るほど、ワンフォーオールの力を引き出せているじゃないですか!

そう、世の理すら歪ませてしまうのです。

そんなデクがついにデストロイスマッシュを繰り出しましたね!

それだけじゃなく今までに使った個性をミックスしながら、オールフォーワンに挑みます。

何なんだこいつの力は!!?

と今まで余裕綽々だった悪の帝王が、一番の焦りを感じますね。

いや、焦りというよりも諦めかも。

2代目継承者はワンフォーオールの力は異能だけじゃなく、本人の目的の為に意志は宿ると発言しました。

「俺は絶対、これ以上お前に大切な人を傷付けさせない!大切な人を守ってみせる!!」

このようなデクの意志がワンフォーオールに反映され、オールフォーワンへ痛恨の一撃が繰り出されたシーンは激熱でしたね。

でも何故か最後に恐ろしい顔をした巨大化スピナーが登場したのには驚きました。

ヒロアカも本当のラストが近いことになりますね。

オールフォーワン自身にはもう少し悪あがいてもらいたいとも思いますが、辛い展開になるのは避けたいところ。

とにかくどのような形で、ヒーローと悪の戦いに決着がつくのか楽しみです。

 

ヒロアカ369話に対するSNSの反応は?

全体的に「ヒロアカは面白い」「感動して泣きそう」というようなコメントが多かったです。

一度好きになればこれ程引き込まれる漫画はなかなかないでしょう。

みんなを守る為に、ワンフォーオールの底力を見せるデクの漢気。

歴代継承者や他のヒーロー達との絆など、これでもかというぐらい見せつけられますよね。

また2代目に止めを刺した?オールフォーワンが泣いているように見えたシーン。

オールフォーワンにも悲しい過去があったのかも!

さて、SNS中のコメントには一悶着あった後に年内か来年春には終わりそうだ…という発言する人もいます。

今のストーリー展開ならそうなっても不思議ではありませんが、意外と1年以上続いたりするかもしれませんよ。

堀越先生は読者の予想の斜め上を行く展開を考える天才なので、あとは先生次第とも言えます。

いつ終わるのか気にすると酷く気分が落ち込んでしまうので、ストーリーにだけ集中したほうが楽しめるんじゃないかなと。

さてさて、次回はどんなストーリーになるのやら。

今後のヒロアカも目が離せませんね!

 

ヒロアカ369話ネタバレまとめ

『ヒロアカ369話ネタバレ!ワンフォーオールの底力!オールフォーワン敗北間近!』

と題し、ヒロアカ369話ネタバレ感想と考察を紹介しました!

今回は胸熱な展開が続き、少しも本誌から目を離すことが出来ませんでした。

デクがワンフォーオールの底力を披露した際は、これはもうどんな敵も敵わないやと思ったほど!

意志が個性に反映してより強くなる。

彼の場合は仲間達との絆があったのが、ワンフォーオールがここまで強化された理由かなと!

物語を読んだ限り、もうオールフォーワンは敗北間近な気がしました。

彼が消滅すれば残りの者達に意志が引き継がれ、複数の戦場に切り替わる。

ヒーロー達が彼らとバトルし勝利を重ねて、最終的にヒーロー側の勝利となり物語は幕を閉じるんじゃないでしょうか?

それはともあれまだまだ熱い見どころはありそうですよね!

では、10月11日(火)掲載『ヒロアカ369話ネタバレ!オールフォーワン敗北間近!』はここまで!

ヒロアカ369話の考察内容を整理して、ネタバレ考察は随時更新するのでお楽しみに!

※ヒロアカ369話発売日の掲載情報は週刊少年ジャンプ公式サイト、または公式ツイッターの情報もご覧ください!