僕のヒーローアカデミア

ヒロアカ356話ネタバレ感想と考察!オールフォーワンのマスク再生!エンデヴァーの最大の敵!

ヒロアカ ネタバレ 356話 最新 考察 確定 感想
Pocket

『ヒロアカ356話ネタバレ感想と考察!オールフォーワンのマスク再生!エンデヴァーの最大の敵!』

こちらの記事では、ヒロアカ356話の感想と考察をお届けいたします。

今回のヒロアカ356話では、ホークス·耳郎·常闇の協力プレイで破壊したオールフォーワンのマスクが再生してしまいました。

なんと反抗する個性の人格を自ら食らい、抵抗出来なくしてしまったんですね。

オールフォーワンの思わぬ抵抗というわけですが、そこに舞い戻ってきたのは先程まで地面に倒れていたエンデヴァー。

過去の自分と決別し、最大の敵はエンデヴァー自身の弱さだと認識出来たのです!

欠点を補い成長する炎のヒーローは強い。

No1ヒーローがここに復活ですよ!

この記事は、2022年6月20日(月)発売の週刊少年ジャンプ掲載のヒロアカ356話のネタバレ感想と考察をお届けしていきたいと思います!

ヒロアカ356話のネタバレについても、順次更新していきますのでお見逃しなく!

 

ヒロアカ356話ネタバレ最新話の考察!

前回のヒロアカでは、オールフォーワンの心理作戦にはまったエンデヴァーが、敵の攻撃を受けて負傷。

一時は荼毘の安否のことで冷静さを欠くも、今は目の前の敵に集中すべきだと考えを改めて立ち上がろうとしました。

負傷したエンデヴァーに代わり、羽の剣を構えてオールフォーワンに対峙したホークス。

耳郞響香と常闇と協力しオールフォーワンに攻撃するも、なかなかダメージを与えることが出来ず···。

デク達が戦ってきた強大な敵を前に耳郞響香は恐怖心を抱いてしまいますが、そこで潰れないのは流石はA組の一員。

そもそも自分の友達が傷付き泣いたのは誰のせいか?

勿論一番悪いのはオールフォーワン!

耳郞響香はイヤホンが千切れボロボロになっても、自らの行動理念の従って音の衝撃波を発動しました。

邪魔者を始末しようとするオールフォーワンの攻撃をホークスが防ぎ、常闇は落ちてきた耳郞響香をキャッチ。

ホークスは常闇に、オールフォーワンの弱点がマスクにあることを伝えます。

音の衝撃波で弱点を突こうとする耳郞に、再び忍び寄るオールフォーワンの魔の手!

とここで深層心理の空間で、オールフォーワンの個性の元持ち主達が彼に反旗を翻したのです。

彼らのお陰で出来た一瞬の隙。

ホークスは耳郞の衝撃波が付与された太刀で、ルフォーワンのマスクの一部を破壊しました。

そして立ち上がるエンデヴァー!戦いはまだこれからだ!

 

ヒロアカ356話ネタバレ考察|脳無化荼毘とエンデヴァーが親子対決?

焦凍に倒されたはずの荼毘の胸から浮かび上がった怪しげな光。

恐らくですが荼毘はこの謎の光によって脳無化するのではないでしょうか?

脳無の中には知能の高い者もいますが、荼毘の場合は自分を認めてくれなかった父親に対する複雑な思いだけが残り···。

せっかく焦凍によって家族の本当の思いを知っても、オールマイトに敵対するよう仕向けられたら、彼は命令を遂行する単なるロボットになってしまうでしょう。

なので脳無化された荼毘がエンデヴァーと親子対決をすると予想します。

焦凍と戦い今度は父親のエンデヴァーと戦う!

連続して家族と対峙するのは辛いですが、もう少し轟一家を掘り下げていくストーリーもあるのではないかと思いました。

 

ヒロアカ356話ネタバレ考察|オールフォーワンがデクの身体を奪う?

現在のオールフォーワンは死柄木とシンクロしていますが、死柄木の精神は完全に滅んではいない様子。

死柄木の心の深層には、未だ本来の自分が眠っているように感じるんです。

あの荼毘だって良心の欠片があったのですから、例えばデクが死柄木とシンクロして呼び掛け続ければ、何かが変わってくることもあるのではないでしょうか?

そのリスクも考慮し、オールフォーワンはデクの身体を奪うことを画策!

デクと死柄木両方を自らの器にし、完全に支配出来たタイミングで新たな存在に進化させる。

そこにオールフォーワンが乗り移れば、彼はヒーロー全員が連携しても全く歯が立たない強さを手に入れることが出来ると予想。

オールフォーワンの真の目的はそこにあるのではないかと!

 

ヒロアカ356話ネタバレ考察|F·G·lリモコンが雄英バリアを妨害?

超常解放軍の残党スケプティックは、正体不明のF·G·lリモコンを所持していました。

恐らくリモコンは第二次決戦を、有利に進める起爆剤になると予想。

具体的には強固な防衛システムである雄英バリアの妨害スイッチ

根津校長のA組生徒への説明シーンを見る限り、雄英バリアは全てコンピューターで制御されているように思えます。

どんなに能力の高いシステムでも結局は機械。

と考えれば弱点が無いわけではなく、例のリモコンが雄英システムの妨害を目的としたものであっても、不思議ではありません。

主だったヒーローが出払っているとはいえ、デク達にとって雄英は重要拠点であり、先生や生徒に大勢の避難民もいます。

ヒーロー達の不意を突きヴィランが襲撃出来れば、戦局は大きく変わるでしょう。

 

ヒロアカ356話ネタバレ考察|障子目蔵がスピナーを説得?

スピナーはヴィランによって、異形型個性持ち達の革命者的な存在にさせられていましたよね。

彼を崇拝するのは、世間の偏見に苦しみ悪に走った人々ばかり。

世間の偏見といえば、デクのクラスメイトにも異形である故に苦しんできた人がいます。

その名も障子目蔵!

ですが障子はとても良い仲間達に囲まれ、自分を犠牲にしてでも彼らを守りたいと思っている様子。

今後クラスメイトを守る為に、スピナーと対峙することがあっても不思議ではありません。

そして初めは敵対していてもスピナーの過去を知れば、彼に共感し説得するようなこともあるのではないでしょうか?

同じ異形だからこそ共感出来る部分もある。

障子に説得され、少しでもスピナーの心が揺れ動くことがあれば激熱です!

 

ヒロアカ356話ネタバレ考察|二代目の個性で最終決戦勝利?

未だ明らかになっていないワンフォーオール二代目継承者の個性。

デク自身は使いたくても、二代目に最後まで力を残しておけと止められていました。

極めて特異な力へと進化を遂げているので、かつてのような方法では扱えない代物。

二代目はこの力の行使が、どれだけリスクを伴うか理解している様子。

となると一度でも使えば、デク自身が消滅してしまうような、大きな力であっても不思議ではありません。

しかしデクは大切な人を助ける為なら、自身の危険を顧みない人。

例えどんな危険があろうと、二代目の個性を発動し敵に挑戦。

最終決戦をヒーロー側の勝利に導いてくれると思います!

技の発動の影響で致命傷を負ったらどうなの?

そんな声が聞こえてきそうですが、デクには沢山の信頼出来る仲間達がいます。

デクが倒れそうになった時は、彼らが自らの体力を分け与えてくれるでしょう。

 

デクの父親は未だにその姿を現してはいません。

どうやら海外へ単身赴任中のようですが、海外で何をしているのかは全くの謎。

しかし父親は“火を吹く個性”を持っているという情報があります。

ヒロアカ世界で活躍するヒーローは皆個性持ちだと考えると、デクの父親も海外でヒーローとして活躍していても不思議ではありませんよね。

ヴィランと超常解放戦線との戦いは激しくなる一方なので、日本から派遣要請が来日。

いよいよその姿を現す日は違い!のような展開になると予想しました!

 

ヒロアカ356話ネタバレ考察|お茶子とトガヒミコが友達に?

林間合宿で対峙して以降、ずっと因縁深い関係が続くお茶子とトガヒミコ。

2人の立ち位置は表と裏、正義と悪で正反対。

絶対に相容れない存在にも思えますが、荼毘が焦凍の家族愛に反応を見せたということは、トガヒミコだって改心するのは不可能ではないはず!

それにトガヒミコは今は亡きトゥワイスを大切に想っています。

仲間を想う心があるなら、恐らくオールフォーワンのように真っ黒な悪の塊ということはないでしょう。

なのでお茶子とトガヒミコは、最終的に和解して仲の良い友達になる可能性もあるのではないでしょうか?

とはいえ完全な和解ではなく、少しずつ互いに歩み寄っていくような形。

一度和解してしまえば、意外と良い友達になれる気がするんですよね!

皆さんもそうは思いませんか?

 

ヒロアカ356話ネタバレ確定の見どころ!


上記ではヒロアカ356話のネタバレ展開考察を中心に、ヒロアカ356話ネタバレ最新話考察をしてきました。

でもヒロアカの魅力はなんと言ってもその登場人物の多さ!

キャラが多い分様々な人間感情が入り交じり、味のあるドラマを生み出しています。

勿論熱いバトルやヒロアカ独自の世界観からも目が離せません。

ということで、ここからはヒロアカ356話の見どころをピックアップ!

早速ヒロアカ356話の見どころ、いってみましょう。

 

ヒロアカ356話ネタバレ|見どころは士傑高校の第二次決戦参戦!

第二次決戦では雄英2年A組の活躍が際立っていますが、ヒロアカ世界にはもう一つ名門のヒーロー高校がありますよね。

東に雄英と聞けば西に士傑あり!

雄英に負けず劣らず、優秀なヒーローとなり得る人材が集結しています。

今のところ第二次決戦での活躍している高校生は、デクと仲間達。

でも雄英が動けば重要な場面で士傑も動くはず!

ということで第二次決戦への士傑の参戦も、見どころになると思いました。

やっぱりファンとしては彼らの活躍を、もう一度しっかり見たいですからね。

雄英に劣らない活躍を見せてほしいところです!

 

ヒロアカ356話ネタバレ|死柄木の精神状態が見どころ!

今の死柄木は自分が何者かも分からない異質な存在。

ただオールフォーワンの駒として行動し続けないといけないのは、本当に辛い精神状態だと思います。

このまま利用されるだけ利用され、死柄木の存在自体が消滅するかは彼の意志次第。

以前は人の形を成していない化物になっていた時もありました。

ずっと暗い暗黒面を彷徨い続けてきたのでしょう。

死柄木の精神状態がどうなるかは、ヒロアカの見どころになり得るのではないでしょうか?

理由は不明ですがデクとシンクロすることもあるので、デクが死柄木の心を救ってあげられたらGOOD。

恐らく元からの悪はオールフォーワン只一人。

と思えば死柄木も被害者だと言えなくもないんじゃないかなと思いました!

 

ヒロアカ356話ネタバレ感想

耳郎&常闇参戦で互角以上の戦いを繰り広げたと思いましたが、やはり相手はあのオールフォーワン!

一筋縄ではいきませんでしたね。

ダークシャドウを纏わせた耳郎の右手に顔面を殴られマスクが破壊!

···と思ったらオールフォーワンの個性でマスクを再生してしまいます!

更に無数の黒いを棘を生み出しオールフォーワンが優勢。

ホークスは戦闘不能状態なので、常闇と耳郎を始末しようと迫り来るわけです。

この時点で、危ない2人とも!とハラハラしっぱなし!

でもご安心を、復活したエンデヴァーが残った左腕で黒い棘を粉砕。

更にエンデヴァーは過去の自分と向き合った。

今まで自分は何に背を向けてきたか?それは即ち自身の弱さ!

「そうだ···俺は自分自身の弱さと戦ってこなかったからデクにもオールマイトにもなれなかったんだ···!!」

だから守るべき人々の為にこの戦いを終わらせる。

一時はオールフォーワンの心理作戦にはまり自信喪失するも、エンデヴァーは自分の最大の敵にきちんと向き合おうと覚悟を決めてくれました!

尚も心理的揺さぶりをかけてくるオールフォーワンを無視し、熱い心を取り戻したエンデヴァーは男前でしたよ~!

そんなエンデヴァーが右腕の代わりを炎で形成し、オールフォーワンを攻撃。

戦いを終わらせたいというエンデヴァーの使命、それはホークス達も同じ!

途中までホークス·常闇·耳郎の攻撃が上手くいっていたので、最終的には良い方向に向かってほしいなと思いました。

頑張れ我らがヒーロー達!

 

ヒロアカ356話ネタバレに対するSNSの感想は?

今回のヒロアカについてSNSを見ると、賑やかなエンデヴァー祭りでした!

皆さんのエンデヴァーへの強き思いが、しっかりと響きましたよ。

ホークス·耳郎·常闇も頑張っていたけど、今回一番印象深かったのは過去と決別したエンデヴァー。

強い個性を持つ=責任と考えると確かにそれに対する気負いはあるかもしれないですよね!

でもエンデヴァーは諦めなかった!

それでこそNo.1ヒーロー、オールマイト以上になるのも夢ではありません。

エンデヴァーが生き残ると予想する方がいましたが、今の彼はみんなの希望。

力強いところをもっと見せてほしいと思いました。

 

 

ヒロアカ356話ネタバレまとめ

『ヒロアカ356話ネタバレ感想と考察!オールフォーワンのマスク再生!エンデヴァーの最大の敵!』

と題し、ヒロアカ356話ネタバレ感想と考察を紹介しました!

耳郎&常闇&ホークスは前回に引き続き、対オールフォーワン戦頑張っていました。

でもオールフォーワンのほうがまだ1枚も2枚も上手。

反抗の意識を持ち始めた個性の元所有者を抑え込み、オールフォーワンがマスクを元の形に再生させるとは思いませんでした。

きっと生命維持装置であるマスクの一部を破壊されることも、オールフォーワンにとっては想定内だったのでしょう。

そんな時にエンデヴァーは最大の敵である”自分自身の弱さ”と対峙しつつ再び舞い戻ってきた!

エンデヴァーの成長は、ヒーロー側にとって励みになるのではないでしょうか?

6月20日(月)掲載『ヒロアカ356話ネタバレ感想と考察!オールフォーワンのマスク再生!エンデヴァーの最大の敵!』はここまで!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ヒロアカ356話の考察内容を整理して、ネタバレ考察は随時更新するのでお楽しみに!

※ヒロアカ356話発売日の掲載情報は週刊少年ジャンプ公式サイト、または公式ツイッターの情報もご覧ください!